小林鉄工株式会社

本 社〒590-0531 大阪府泉南市岡田3丁目9-4
TEL 072-483-2533 FAX 072-483-4391

トップ > 会社案内

会社案内

企業理念

社是 誠実を旨とし和衷協力、職務に心魂を打ち込む
  1. 顧客のニーズにお応えできる心のこもった製品を作り出すことにより、社会に貢献いたします。
  2. 常に技術開発に努め、品質向上に取り組んでおります。
  3. 全社員の和のもとに、皆様に信頼していただける会社経営を行っております。

会社概要

商号小林鉄工株式会社
資本金1000万円
代表者丸山勇治
創業1918年(大正7年3月)
取引銀行三菱UFJ銀行
事業内容工作機器製造
加入団体社団法人日本工作機器工業会
本社〒590-0531 大阪府泉南市岡田3丁目9-4
TEL 072-483-2533 FAX 072-483-4391
URLhttp://www.chuck.co.jp

沿革

1918年(大正 7年)小林鉄工所を設立。紡織機の製造を始める。
1933年(昭和 8年)醸造用機械の特許を得て、製造販売をする。
1940年(昭和15年)製造品目を工作機械用チャックに改める。軍需省監督指定工場となる。
1954年(昭和29年)組織を変更し、小林鉄工株式会社となる。
1955年(昭和30年)台湾に代理店を設置、以後東南アジア、アメリカ等への輸出に注力。
1956年(昭和31年)JIS表示許可工場となる。
1965年(昭和40年)東京営業所を開設。
1967年(昭和42年)第1次計画 本社工場を新築。
1968年(昭和43年)第2次計画 設計開発・食堂・事務棟が完成。
1978年(昭和53年)第3次計画 大規模な生産設備の増設・更改。
1983年(昭和58年)ジョーロックの販売を開始。
1984年(昭和59年)エアチャックの販売を開始。
1985年(昭和60年)第4次計画 生産設備を増強。
1994年(平成 6年)ジグチャックの販売を開始。
1997年(平成 9年)フライスチャックの販売を開始。
1999年(平成11年)第5次計画 生産設備を増強。
自社ウェブサイトを立ち上げる。
2001年(平成13年)エアジグチャックの販売を開始。
マルチプルバイスの販売を開始。
2002年(平成14年)ライブセンターの販売を開始。
2003年(平成15年)ライブグリッパーの販売を開始。
2005年(平成17年)チャックAD・ARの販売を開始。
2006年(平成18年)第6次計画 工場拡張・設備増強。
2007年(平成19年)第6次計画 設備増強。
2012年(平成24年)第7次計画 設備配置変更、増強。
2014年(平成26年)第8次計画 設備増強。

交通アクセス

車をご利用の場合

神戸・大阪方面から
阪神高速4号湾岸線「泉佐野南出口」を降りて12分ほど
和歌山方面から
第二阪和国道/国道26号線「市場稲荷交差点」を左折
※駐車場は建物北側正門内です。

電車をご利用の場合

南海本線「岡田浦駅」下車 ⇒ 改札横の踏切を渡って徒歩1分ほど
※岡田浦駅には普通・区間急行のみ停車します。

飛行機をご利用の場合

関西空港から
・南海空港線「泉佐野駅」乗換 ⇒ 南海本線和歌山市方面行「岡田浦駅」下車 ⇒ 改札横の踏切を渡って徒歩1分ほど
・南海空港線またはJR関西空港線「りんくうタウン駅」下車 ⇒ タクシーで11分ほど
※岡田浦駅には普通・区間急行のみ停車します。

ページのトップへ戻る